マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

接道義務の原則の覚え方。 『接道2名拭くよ。』で覚えよう!

『接道義務の原則の覚え方』1ページ目

『接道義務の原則の覚え方』2ページ目

『接道義務の原則の覚え方』3ページ目

接道義務の原則

 接道義務は原則として次のとおりとなります。

・建築物の敷地は道路に2m以上接し、接する道路の幅員は4m以上である必要がある。
*例外あり。

 

 接道義務というのは、建築物の敷地への出入りがきちんとできるようにするための規制です。敷地から道路に出る間口(接道部分)が狭いと出入りがしにくいですし、接道している道路が狭いと消防車などの出入りが難しくなり危険性が増します。そのために定められているのが接道義務となりますが、上記は原則となり接道義務が緩和されたり、加重されることもあります。 

  

接道義務の原則の覚え方

接道(接道義務)2名(2m)拭くよ(幅員4m)。』

 

 以上で、接道義務の原則を覚えてしまいましょう。接道する部分が2mで、道路の幅員が4m必要という点について逆に覚えてしまわないように注意する必要がありますが、語呂を使っていれば間違うことはないです。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.接道義務の原則で正しいのは?

①建築物の敷地は道路に2m以上接し、接する道路の幅員は4m以上である必要がある。
②建築物の敷地は道路に2m以上接し、接する道路の幅員は5m以上である必要がある。
③建築物の敷地は道路に3m以上接し、接する道路の幅員は6m以上である必要がある。


↓正解

 

 

正解:①


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!

 

▼電子書籍版(Kindle)も発売中!