マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

開発許可を受けた開発区域内での工事完了公告前における建築規制の例外の覚え方。 『コマ貸せっ!と師匠、動揺しない。』で覚えよう!

『開発許可を受けた開発区域内での工事完了公告前における建築規制の例外の覚え方』1ページ目

『開発許可を受けた開発区域内での工事完了公告前における建築規制の例外の覚え方』2ページ目

『開発許可を受けた開発区域内での工事完了公告前における建築規制の例外の覚え方』3ページ目

開発許可を受けた開発区域内での工事完了公告前における建築規制の例外

 開発許可を受けた開発区域内での工事完了公告前における建築規制の例外は、以下のとおりとなります。

①工事用の仮設建築物又は特定工作物を建築・建設するとき。
②都道府県知事が支障がないと認めたとき。
③開発行為に同意していないものが建築物を建築し、又は特定工作物を建設するとき。

 

 開発許可を受けて開発行為(土地の造成行為)が完了して、工事完了の広告を行う前に関しては原則として建築物の建築や、特定工作物の建設は行えません。上記の3つのケースは、このような場合でも例外として建築などが行える場合となります。

 まず、①は簡単に言えば工事作業員用のプレハブ小屋をイメージすれば分かりやすいです。工事作業員のためのプレハブ小屋は開発行為をするために必要なものなので、建築を禁止する理由はありません。②は都道府県知事が支障がないと認めたときは建築OKというだけなのこれも分かりやすいでしょう

 ③は分かり辛いと思います。しかし、開発許可申請を行うために開発区域の土地の所有者等から、相当数の同意を得ることが必要であったこと(開発許可申請前の段取り)を思い出せば簡単です。つまり、③は開発行為に反対していて、そもそもが開発行為を行うことに同意していない人を考えた規定ということです。開発行為に同意していない人を開発行為が行われていることを理由にして、建築を禁止するのはおかしいと考えれば分かりやすいでしょう。 

 

開発許可を受けた開発区域内での工事完了公告前における建築規制の例外の覚え方

コマ(広告前)貸せっ(仮設建築物)!と師匠(都道府県知事・支障ない)、動揺しない(同意していないものが建築)。』

 

 以上で、開発許可を受けた開発区域内での工事完了公告前における建築規制の例外を覚えてしまいましょう。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.開発許可を受けた開発区域内での工事完了公告前における建築規制の例外で正しいのはどれ?

①開発許可を受けた開発区域内での工事完了公告前であっても、開発行為が完成した土地に関しては建築物の建築をしてもよい。
②開発許可を受けた開発区域内での工事完了公告前であっても、当該開発工事のための仮設建築物の建築はしてもよい。
③開発許可を受けた開発区域内での工事完了公告前であっても、都道府県知事に届出をすることで建築物の建築をしてもよい。


↓正解

 

 

正解:②


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!