マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

守秘義務の内容と罰則の覚え方。 『秘密の生徒が敗退、以後処分。』で覚えよう!

『守秘義務の内容と罰則の覚え方』1ページ目

『守秘義務の内容と罰則の覚え方』2ページ目

『守秘義務の内容と罰則の覚え方』3ページ目

守秘義務の内容と罰則 

 宅建業者は以下のとおりの守秘義務を負っており、違反した場合の罰則も定められています。

・正当な理由なく業務上得た秘密を漏らしてはダメ
・宅建業をやめたり、従業者が退職した後も守秘義務がある
・違反した場合は罰金50万円(別途監督処分の対象にもなる)

 

 「正当な理由なく」とされているので、正当な理由さえあれば秘密を漏らしても良いということになります。正当な理由としては、令状のある捜査に情報提供することや、本人から秘密を漏らすことの許可を得ているような場合が該当すると考えられます。注意する必要があるのは、この守秘義務は宅建業者だけではなく、従業者も対象になるということです。

 

守秘義務の内容と罰則の覚え方

秘密(守秘義務)の生徒(正当な理由なく)が敗退(廃業後・退職後)、以後(違反罰金50万円)処分(監督処分)。』

 

 以上で、守秘義務の内容と罰則の覚え方を覚えてしまいましょう。守秘義務は正当な理由があれば、秘密を漏らしても良い場合があるという点が重要です。罰金については金額までも試験で出る可能性は低いので、余裕があれば覚えておくという程度でも問題ありません。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q. 守秘義務の内容と罰則で正しいのはどれ?

①宅建業者には守秘義務があるが、正当な理由があれば秘密を漏らしてよい。
②宅建業者が守秘義務に違反すると監督処分に処せられるが、刑事罰は科せられない。
③宅建業者は廃業後であれば、守秘義務はなく秘密を漏らしてよい。


↓正解

 

 

正解:①


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!

 

▼電子書籍版(Kindle)も発売中!