マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

事後届出を行わなかった場合の罰則の覚え方。 『事後しないロッカー飛躍。』で覚えよう!

『事後届出を行わなかった場合の罰則の覚え方』1ページ目

『事後届出を行わなかった場合の罰則の覚え方』2ページ目

『事後届出を行わなかった場合の罰則の覚え方』3ページ目

事後届出を行わなかった場合の罰則

 事後届出を行わなかった場合の罰則は次のとおりです。

・6ヶ月以下の懲役または100万円以下の罰金

 

 事後届出を行うことは義務となっており、違反した場合は上記のとおり罰則もあります。それに対して、事後届出後に勧告が行われた場合に勧告に従わないとしても、罰則はありませんので、罰則があるのは事後届出をしなかった場合だけということも覚えておきましょう。

 

事後届出を行わなかった場合の罰則の覚え方

事後しない(事後届出しない)ロッカー(6ヶ月以下の懲役)飛躍(100万円以下の罰金)。』

 

 以上で、事後届出を行わなかった場合の罰則を覚えてしまいましょう。ただし、本試験で罰則の細かい数字まで求められる可能性は低いと思いますので、余裕がない場合は「事後届出をしない場合は罰則あり」とだけ覚えておく形でもよいでしょう。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.事後届出を行わなかった場合の罰則で正しいのは?

①都道府県知事から当該届出を行うように勧告されるに留まり罰則は適用されない。
②6ヶ月以下の懲役または100万円以下の罰金。
③50万円以下の罰金。


↓正解

 

 

正解:②


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!

 

▼電子書籍版(Kindle)も発売中!