マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

指定流通機構(レインズ)への登録事項の覚え方。 『初期の賭けを公表、先祖を放れ。』で覚えよう!

『指定流通機構(レインズ)への登録事項の覚え方』1ページ目

『指定流通機構(レインズ)への登録事項の覚え方』2ページ目

『指定流通機構(レインズ)への登録事項の覚え方』3ページ目

指定流通機構(レインズ)への登録事項

指定流通機構(レインズ)への登録事項は、宅地または建物について以下の事項となります。

・所在、規模、形質、価額
・交換の場合は評価額
・法令に基づく制限で主要なもの
・専属専任媒介契約の場合はその旨

 

 宅建業者が専任媒介契約か専属専任媒介契約で、依頼を受けたときは指定流通機構に上記の事項を登録する義務が生じます。指定流通機構に登録することで、指定流通機構を通して他宅建業者が物件情報を閲覧することが出来るようになります。つまり、指定流通機構に登録する義務があるということは、売却依頼を受けた宅建業者が物件を独占するのではなく、他業者も買い手を見つけて利益を出すチャンスが生まれるということになります。売却依頼をした客にとっても、早期に買い手を見つけることが出来るというメリットがあるのです。そのため、上記のような物件の詳細情報を登録する必要があるということになります。

 

指定流通機構(レインズ)への登録事項の覚え方

初期(所在・規模)の賭け(価額・形質)を公表(交換の評価額)、先祖(専属専任媒介契約である旨)を放れ(法令の制限)。』

 

 以上で、指定流通機構(レインズ)への登録事項を覚えてしまいましょう。覚えることは多いのですが、他宅建業者に対してその物件を客に紹介するために必要な情報を提供しなければいけないということを考えれば、ある程度は記憶もしやすくなるでしょう。ある程度覚えることが出来れば、語呂を使って記憶を完璧にしてください。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q. 指定流通機構(レインズ)への登録事項は? 〇の中を埋めましょう。

・宅地または建物の〇〇、規模、〇〇、価額
・交換の場合は〇〇額
・〇〇に基づく制限で主要なもの
・〇〇〇〇〇〇契約の場合はその旨


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!

 

▼電子書籍版(Kindle)も発売中!