マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

宅建業法上の宅地の定義の覚え方。 『ゲンに建物、盾目的で、酔うと?』で覚えよう!

『宅建業法上の宅地の定義の覚え方』1ページ目

『宅建業法上の宅地の定義の覚え方』2ページ目

『宅建業法上の宅地の定義の覚え方』3ページ目

宅建業法上の宅地の定義

 一般的に宅地と言えば、家やマンションなどの建物が建っている土地で、登記簿上も地目が宅地になっているような土地をイメージすると思います。

 ところが、宅建業法でいう宅地は次のように定義されています。

①現在、建物が建っている土地
②建物を建てる目的で取引する土地
③用地地域内の土地(道路・公園・河川・広場・水路は除く)

 建物があれば宅地とされる点は一般的なイメージと一緒なのですが、建物が建っていない場合でも宅地とされる場合もあるということです。土地の登記簿上の地目が何であるかも関係が無く、地目が「田」や「畑」だったとしても建物を建てる目的で取引されるのであれば、宅地ということになります。

 注意して欲しい点としては、「③用地地域内の土地」に該当する場合でも、道路・公園・河川・広場・水路は宅地に該当しません。

 

宅建業法上の宅地の定義の覚え方は?

ゲンに建物(現在建物がある)、盾目的(建物を建てる目的がある)で、酔うと?(用途地域内)』

 

 以上で、まとめて覚えてしまいましょう。

 先ほど説明したとおり、用途地域内でも宅地とされない例外もありますので、そちらについては次回覚え方を紹介していきますので、合わせて確認してみてください。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q. 宅建業法上の宅地の定義は?〇の中を埋めましょう。

①現在、〇〇が建っている土地。
②〇〇を建てる目的で取引する土地。
③〇〇〇〇内の土地。


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!