マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

自ら売主時の割賦販売契約の解除等の制限の覚え方。 『カップ3時しよ。』で覚えよう!

『 自ら売主時の割賦販売契約の解除等の制限の覚え方』1ページ目

『 自ら売主時の割賦販売契約の解除等の制限の覚え方』2ページ目

『 自ら売主時の割賦販売契約の解除等の制限の覚え方』3ページ目

 自ら売主時の割賦販売契約の解除等の制限

 宅建業者が自ら売主となるときは、割賦販売契約の解除等ついて以下の要件を満たさないと契約解除当が出来ないという制限が定められています。

・賦払金の支払いが遅れたときに、30日以上の期間を定めて支払いを書面で催告して、指定期間内に支払いがないとき

 

 割賦販売契約というのは、簡単に言えば分割払いで売買代金をやり取りする契約のことです。そして、その支払いをするお金を賦払金(ふばらいきん)と言います。

 土地や建物の売買は多くの場合で、高額となりますので割賦販売契約の期間も長期になることが多いです。そういった中で、たったの1回支払いが遅れたときに宅建業者側が契約解除することを認めると、一般の買主にかかる負担は相当に大きくなります。そこで、上記のように宅建業者が一般の買主と割賦販売契約をしたときは支払いの遅れがあったとしても、簡単には契約解除を出来ないように制限しているのです。 

 

 自ら売主時の割賦販売契約の解除等の制限の覚え方

カップ(割賦販売契約)3時(30日以上)しよ(書面)。』

 

 以上で、 自ら売主時の割賦販売契約の解除等の制限を覚えてしまいましょう。覚えることは少ないのですが、30日以上という期間と書面で催告を行うことが定められていることを確実に抑えるようにしておいてください。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.自ら売主時の割賦販売契約の解除ができる場合は? 〇の中を埋めましょう。

・賦払金の支払いが遅れたときに、〇日以上の期間を定めて支払いを〇〇で催告して、指定期間内に支払いがないとき


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!

 

▼電子書籍版(Kindle)も発売中!