マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

契約締結時期の制限の覚え方。 『交換前に胸郭ない陳謝はOK、購買はできない。』で覚えよう!

『契約締結時期の制限の覚え方』1ページ目

『契約締結時期の制限の覚え方』2ページ目

『契約締結時期の制限の覚え方』3ページ目

契約締結時期の制限

 宅建業者の契約締結時期には以下の制限があります。

・工事の完了前 ⇒ 許可、確認が必要 ⇒ 許可、確認が無ければ売買、交換契約はNG(賃借契約はOK) 

 

 基本的には宅建業者が行う広告開始時期とほぼ同じと考えれば問題ありません。工事完了前に売買などの契約を行うには、必ず役所からの許可や確認を受けていなければならないのです。

 ところが、広告開始時期と違うところとして「賃借契約はOK」はという点があります。賃借契約は土地や建物の売買や交換などと違って、その取引金額も少額になりますので、工事完了前で役所からの許可や確認を受けていなくても問題ないとされているのです。

 

契約締結時期の制限の覚え方

交換前(工事完了前)に胸郭(許可・確認)ない陳謝(賃借)はOK、購買(交換・売買)はできない。』

 

 以上で、契約締結時期の制限を覚えてしまいましょう。広告開始時期の制限とほぼ同じなので覚えやすいのですが、契約締結時期の制限については賃借がOKとなっていることを強く意識する必要があります。語呂を使っても双方の違いを明確に出来るとは限らないので、どちらがどういった規制があるのかは入念に覚えられるようにしておきましょう。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q. 契約締結時期の制限で正しいのはどれ?

①工事の完了前は、工事に必要な許可や確認を取っていても賃借・売買・交換の契約締結はできない。
②工事の完了前でも、工事に必要な許可や確認を取っていれば賃借の契約締結ができるが、売買・交換の契約締結はできない。
③工事の完了前でも、工事に必要な許可や確認を取っていれば売買・交換の契約締結ができるし、賃貸契約は許可や確認がなくても工事完了前から契約締結をすることができる。


↓正解

 

 

正解:③


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!

 

▼電子書籍版(Kindle)も発売中!