マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

宅地に適した丘陵地の種類の覚え方。 『短気な給料だい!』で覚えよう!

『宅地に適した丘陵地の種類の覚え方』1ページ目

『宅地に適した丘陵地の種類の覚え方』2ページ目

『宅地に適した丘陵地の種類の覚え方』3ページ目

宅地に適した丘陵地の種類

 宅地に適した丘陵地の種類は次のとおりです。

・丘陵地、台地
・段丘(だんきゅう)

 

 まず、基本的には丘陵地は高台となるため水害の影響を受けにくく宅地に適しているといえます。ただし、丘陵地や台地の端となるような縁辺部や、台地上の浅い谷は宅地には適していません。

 上記の中でも「段丘」はあまり馴染みが無い用語になると思いますが、段丘はその文字のとおり階段のように段状になっている土地のことを指します。 

 

宅地に適した丘陵地の種類の覚え方

短気(段丘)な給料(丘陵地)だい(台地)!』

 

 以上で、宅地に適した丘陵地の種類を覚えてしまいましょう。語感的に覚えやすいと思います。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.宅地に適した丘陵地の種類で正しいのは?

①丘陵地は原則として宅地には適さない。
②丘陵地・台地・段丘は宅地に適している。
③丘陵地・台地は地盤が安定しているため、縁辺部も宅地に適している。


↓正解

 

 

正解:②


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!