マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

新築の定義の覚え方。 『新築に一味メニュー。』で覚えよう!

『新築の定義の覚え方』1ページ目

『新築の定義の覚え方』2ページ目

『新築の定義の覚え方』3ページ目

新築の定義

 『新築』という用語は次の2つを満たす場合と定義されています。

①建築後1年未満
②未入居

 

 『新築』と聞くと、建築して間もない家やマンションを想像してしまいがちですが、法律上の定義として「建築後1年未満+未入居」という場合であれば新築とされます。つまり、極端なことを言うと家が完成してから、364日目で未入居であれば新築物件として売ることも可能なわけです。『新築』には明確な定義があることを覚えておくようにしましょう。

 

新築の定義の覚え方

『新築に一味(1年未満)メニュー(未入居)。』

 

 以上で、新築の定義の覚え方を覚えてしまいましょう。新築の定義となる完成からの期間と、その他の条件を合わせて語呂で覚えると手っ取り早いです。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.新築の定義で正しいのは?

①建築後1年未満かつ、未入居である場合は新築とされる。
②建築後1年未満又は、未入居である場合は新築とされる。
③建築後1年未満であれば、居住の用に供された場合も新築とされる。


↓正解

 

 

正解:①


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!