マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

徒歩による所要時間の算出方法の覚え方。 『徒歩は自由で、一味参入。』で覚えよう!

『徒歩による所要時間の算出方法の覚え方』1ページ目

『徒歩による所要時間の算出方法の覚え方』2ページ目

『徒歩による所要時間の算出方法の覚え方』3ページ目

徒歩による所要時間の算出方法

 徒歩による所要時間の算出方法は次のとおりです。

①道路距離80mにつき1分間として算出する。
②1分未満の端数は1分として算入する。

 

  不動産情報に記載されている「徒歩〇分」という表示はほとんどの人が見たことがあると思います。実はあの表示には法律の規制があり、上記のような基準に基づいて算出する必要があるのです。実際に歩いた時間で広告などに表示することは、それが事実だとしても許されていないことを覚えておきましょう。 

 

徒歩による所要時間の算出方法の覚え方

『徒歩は自由(80m)で、一味(1分未満)参入(算入)。』

 

 以上で、徒歩による所要時間の算出方法を覚えてしまいましょう。覚える数字は「80m」「1分」の二つだけです。「1分」については語呂にするまでもなく覚えてしまってください。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.徒歩による所要時間の算出方法で正しいのは?

①道路距離80mにつき1分間として算出し、1分未満の端数は切り捨てる。
②道路距離100mにつき1分間として算出し、1分未満の端数は1分として算入する。
③道路距離80mにつき1分間として算出し、1分未満の端数は1分として算入する。


↓正解

 

 

正解:③


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!