マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

印紙未貼り付け時の過怠税の覚え方。 『印紙の見張りサンバ、事故いちいち申告。』で覚えよう!

『印紙未貼り付け時の過怠税の覚え方』1ページ目

『印紙未貼り付け時の過怠税の覚え方』2ページ目

『印紙未貼り付け時の過怠税の覚え方』3ページ目

印紙未貼り付け時の過怠税

 印紙税納付のための印紙を貼り付けていない場合は、次のとおり過怠税が課税されます。

  過怠税
未貼り付け 3倍
未貼り付けを自己申告した場合 1.1倍
消印がない場合 消印しなかった印紙金額と同額

 

 印紙税の納付は印紙を契約書等に貼り付け、印鑑(又は署名)で消印をすることで行います。納税義務者の元に納付書がくるわけでも、役所に申告する必要もないのです。となると、わざわざ印紙を貼り付けないで印紙税の納付を免れようとする人は当然でてきます。しかし、印紙税を納付していないことは税務調査などによりばれてしまうこともあり、その場合の罰を定めたのが上記の過怠税というわけです。 

 

印紙未貼り付け時の過怠税の覚え方

『印紙の見張り(印紙未貼り付け)サンバ(3倍)、事故いちいち申告(自己申告・1.1倍)。』

 

 以上で、印紙未貼り付け時の過怠税を覚えてしまいましょう。消印がない場合については語呂に含まれていませんが、「過怠金=本来はるべき金額と同じ」なので語呂になっていないものは「同じ」とざっくりと覚えておけば問題ないです。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.印紙税納付のための印紙を貼り付けていない場合の過怠税で正しいのは?

①未貼り付け2倍、未貼り付けを自己申告した場合は納付しなかった印紙税額と同額。
②未貼り付け3倍、未貼り付けを自己申告した場合1.1倍。
③未貼り付け3倍、未貼り付けを自己申告した場合1.5倍。


↓正解

 

 

正解:②


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!