マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

固定資産税の住宅用地の特例の覚え方。 『勝機に怒ろー、一発調査。』で覚えよう!

『固定資産税の住宅用地の特例の覚え方』1ページ目

『固定資産税の住宅用地の特例の覚え方』2ページ目

『固定資産税の住宅用地の特例の覚え方』3ページ目

固定資産税の住宅用地の特例

 固定資産税の住宅用地の特例が適用される基準と、固定資産税が安くなる割合は次のとおりです。

  登録価格に掛ける数値
小規模住宅用地(200㎡以下の部分) ×1/6
一般住宅用地(200㎡超の部分) ×1/3

 

  住宅用地については上記のとおり、固定資産税が一定の要件のもとに減額されます。課税される元となる価格は固定資産課税台帳に登録されている価格ですが、この価格に対して上記の1/6・1/3の数値を掛けたものが課税額の計算の元(課税標準)となるのです。

 

 それぞれ200㎡以下と、200㎡超と適用される面積が異なりますので違いを明確にできるように覚える必要があります。例えば、400㎡の住宅用地の場合は、その内200㎡以下の部分には×1/6が適用されて、200㎡超の部分には×1/3が適用されることになります。200㎡超の住宅用地の場合にその全てが×1/3になるわけではないことに注意してください。 

 

固定資産税の住宅用地の特例の覚え方

勝機(小規模住宅用地)に怒ろー(200㎡以下・1/6)、一発調査(一般住宅用地・200㎡超・1/3)。』

 

 以上で、固定資産税の住宅用地の特例を覚えてしまいましょう。語呂では分母となる「6」と「3」のみ覚える形になりますので、それぞれ「1/6」「1/3」となることに注意してください。語呂も一見複雑ですが、一度覚えてしまえば固定資産税の住宅用地の特例に関わる数字を一気に覚えることができるのでぜひ使ってみてください。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.固定資産税の住宅用地の特例が適用される基準と、固定資産税が安くなる割合は? 〇の中を埋めましょう。

  登録価格に掛ける数値
小規模住宅用地(200㎡〇の部分) ×1/〇
一般住宅用地(200㎡〇の部分) ×1/〇

Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!