マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

宅地造成に該当する切土、盛土の高さと面積の覚え方。 『切にもう一度、切盛り委任、めんご。』で覚えよう!

f:id:sibakiyo:20171124152300j:plain

f:id:sibakiyo:20171124152306j:plain

f:id:sibakiyo:20171124152310j:plain

宅地造成に該当する切土、盛土の高さと面積

 宅地造成に該当する切土、盛土の高さと面積は、次のとおりです。

切土 2mを超える崖ができる場合
盛土 1mを超える崖ができる場合
切土と盛土 盛土部分に1mの崖+切土と盛土を
合わせて2mを超える崖ができる場合
面積 切土または盛土の面積が500㎡を超える場合

 

 宅地造成に該当して、都道府県知事に許可を得なければならない基準は上記のとおりです。覚えるべき数字は「2m」「1m」「500㎡」と比較的簡単なものなので、組み合わせを覚えることが大事になってきます。 

  上記の基準として示されている「崖」が少し大げさな感じで分かり辛いかもしれませんが、分かりやすく言えば「段差」ということだと認識すれば理解しやすくなると思います。

 

宅地造成に該当する切土、盛土の高さと面積の覚え方

切に(切土2m超)もう一度(盛土1m超)、切盛り(切土と盛土)委任(盛土1m超+合わせて2m超)、めんご(面積500㎡超)。』

 

 以上で、宅地造成に該当する切土、盛土の高さと面積を覚えてしまいましょう。「切土と盛土」の組み合わせで少し迷うかもしれませんが、冒頭の語呂で「盛土=1m」と覚えておけば、「切土と盛土」の数字がどちらに対応するかも簡単に把握できるようになります。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.宅地造成に該当する切土、盛土の高さと面積で正しいのは?

①切土…1mを超える崖ができる場合。
②盛土…1mを超える崖ができる場合。
③切土と盛土…盛土部分に2mの崖+切土と盛土を合わせて2mを超える崖ができる場合。


↓正解

 

 

正解:②


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!

 

▼電子書籍版(Kindle)も発売中!