マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

農地法3・4・5条で市街化区域で許可不要になるものの覚え方。 『死骸か仕事で。』で覚えよう!

『農地法3・4・5条で市街化区域で許可不要になるものの覚え方』1ページ目

『農地法3・4・5条で市街化区域で許可不要になるものの覚え方』2ページ目

『農地法3・4・5条で市街化区域で許可不要になるものの覚え方』3ページ目

農地法3・4・5条で市街化区域で許可不要になるもの

 農地法3・4・5条で市街化区域内での許可要否は次のとおりです。

  許可の要否
農地法3条 許可必要
農地法4条 許可不要(農業委員会に事前に届出)
農地法5条 許可不要(農業委員会に事前に届出)

  

 農地法3・4・5条の中でも、4・5条に関しては市街化区域内であれば許可不要となり、あらかじめ農業委員会に届出をするだけでOKとなります。3条は市街化区域かどうかの区別はなにもなく、他区域と同じく許可が必須となり、許可を得ていない農地の権利移動は効力が生じないことになります。 

 

農地法3・4・5条で市街化区域で許可不要になるものの覚え方

死骸か(市街化区域内)仕事で(4、5条・届出)。』

 

 以上で、農地法3・4・5条で市街化区域で許可不要になるものを覚えてしまいましょう。4・5条は届出だけでOKということは語呂で簡単に抑えることができます。余裕があれば、届出先が農業委員会になることも覚えておいてください。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.農地法3・4・5条で市街化区域で許可不要になるもので正しいのは?

①農地法3条に基づく農地の権利移動は市街化区域内であっても許可が必要となる。
②農地法4条に基づく農地の転用は市街化区域内であっても許可が必要となる。
③農地法5条に基づく農地の転用目的権利移動は市街化区域内であれば、許可不要となりあらかじめ都道府県知事に届出を行う。


↓正解

 

 

正解:①


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!