マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

事後・事前届出制の勧告時期の覚え方。 『事後閑散、事前貫禄。』で覚えよう!

『事後・事前届出制の勧告時期の覚え方』1ページ目

『事後・事前届出制の勧告時期の覚え方』2ページ目

『事後・事前届出制の勧告時期の覚え方』3ページ目

事後・事前届出制の勧告時期

 事後・事前届出制の勧告時期は次のとおりです。

  勧告の時期
事後届出制 原則3週間以内
事前届出制 6週間以内

 

 上記の勧告時期の始期はいずれも、「届出の日から」となります。なお、事後届出制の勧告時期は原則3週間となっており、合理的な理由がある場合は3週間の範囲内で期間を延長することが可能となっています。事前届出制の6週間は例外はありませんので違いに注意するようにしてください。

 

事後届出を行わなかった場合の罰則の覚え方

事後閑散(事前届出・勧告3週間以内)、事前貫禄(事前届出・勧告6週間以内)。』

 

 以上で、事後・事前届出制の勧告時期を覚えてしまいましょう。上記の語呂では事後届出制に例外があることまでは覚えることはできませんが、まずは原則となる勧告時期を覚えるようにして、余裕があれば例外についても把握できるようにしましょう。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.事後・事前届出制の勧告時期は? 〇の中を埋めましょう。

  勧告の時期
事後届出制 原則〇週間以内
事前届出制 〇週間以内

Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!

 

▼電子書籍版(Kindle)も発売中!