マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

第一・二種低層住居専用地域内の外壁の後退距離制限の覚え方。 『手相の交代一期一会』で覚えよう!

『第一・二種低層住居専用地域内の外壁の後退距離制限の覚え方』1ページ目

『第一・二種低層住居専用地域内の外壁の後退距離制限の覚え方』2ページ目

『第一・二種低層住居専用地域内の外壁の後退距離制限の覚え方』3ページ目

第一・二種低層住居専用地域内の外壁の後退距離制限

 第一・二種低層住居専用地域内の外壁の後退距離の限度を都市計画法で、次のとおり定めることができます。

・1.5m または 1m

 

 「外壁の後退距離」と聞いても意味が分かり辛いと思います。これは敷地境界線から建物の外壁等との距離のことで、他敷地の建物との距離について一定の間隔を確保するために定められているものです。簡単に言えば、「外壁を境界線より離すための規制」ということです。

 この規制がされるのは第一・二種低層住居専用地域のみですが、必ず定められるものではなく必要があれば都市計画で定めるものとされています。

  

第一・二種低層住居専用地域内の外壁の後退距離制限の覚え方

手相(低層住居専用地域)の交代(後退距離)一期(1.5m)会(1m)』

 

 以上で、第一・二種低層住居専用地域内の外壁の後退距離制限を覚えてしまいましょう。この規制がされるのは「低層」とつく用途地域だけなので、ざっくりと「手相」と覚えてしまえば簡単です。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.第一・二種低層住居専用地域内の外壁の後退距離制限を、都市計画で定める場合の距離で正しいのは?

①1.5m。
②2m または 1m。
③1.5m または 1m。


↓正解

 

 

正解:③


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!