マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

準防火地域内の建築制限の覚え方。 『じゅん坊タイから戦後に歯科。』で覚えよう!

『準防火地域内の建築制限の覚え方』1ページ目

『準防火地域内の建築制限の覚え方』2ページ目

『準防火地域内の建築制限の覚え方』3ページ目

 

準防火地域内の建築制限

 準防火地域内では次のいずれかに該当する場合は、建築物は耐火建築物としなければなりません。

①4階以上(地階は階数に含まず)。
②延べ面積1,500㎡超。

 

 準防火地域は、主に繁華街などに指定される防火地域と違い、住宅地を中心として比較的広い範囲が指定されます。火災を防ぐという目的は防火地域と同じですが、建築制限は緩めになっており、防火地域では100㎡超で耐火建築物の建築が義務付けられましたが、準防火地域ではその15倍の1,500㎡超で義務付けられることになっています。防火地域と比較するとかなりの差があるので、意識して違いを明確にできるようにしておく必要があります。 

  

準防火地域内の建築制限の覚え方

じゅん坊(準防火地域内)タイから(耐火建築物)戦後(1500㎡超)に歯科(4階以上)。』

 

 以上で、準防火地域内の建築制限を覚えてしまいましょう。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.準防火地域内で耐火建築物の建築が義務付けられる条件で正しいのは?

①4階以上(地階は階数に含まず)又は、延べ面積1,500㎡超のいずれかに該当する場合。
②4階以上(地階は階数に含まず)かつ、延べ面積1,500㎡超に該当する場合。
③4階以上(地階は階数に含まず)又は、延べ面積500㎡超のいずれかに該当する場合。


↓正解

 

 

正解:①


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!