マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

開発許可申請書類の主な記載事項の覚え方。 『せこいヨットで行く気?紅茶観念が四角せっけん。』で覚えよう!

『開発許可申請書類の主な記載事項の覚え方』1ページ目

『開発許可申請書類の主な記載事項の覚え方』2ページ目

『開発許可申請書類の主な記載事項の覚え方』3ページ目

開発許可申請書類の主な記載事項

 開発許可申請書類の主な記載事項は以下のとおりです。

①開発区域の位置、区域と規模
②予定建築物等の用途
③設計
④工事施工者
⑤工事着手予定年月日、完了予定年月日、資金計画等

 

 開発許可の申請を行う前の段取りを整えたら、申請書類に上記の記載をして都道府県知事に申請をすることみなります。目を通してみればわかるとおり、基本的には開発行為を行う申請としては当たり前のことばかりなので、数は多いですが覚えやすいと思います。①はどの程度の開発行為をどこで行うのかを分かるようにするのは当然のことですし、②は開発行為を行う以上はどのような用途があるのか説明するのは当然でしょう。③以降についても記載して当然のことばかりです。

 

開発許可申請書類の主な記載事項の覚え方

せこい(工事施工者)ヨット(用途)で行く気(位置・区域・規模)?紅茶(工事着手)観念が(完了予定年月日)四角(資金計画)せっけん(設計)。』

 

 以上で、開発許可申請書類の主な記載事項を覚えてしまいましょう。特に大事になのが前半の「せこいヨットで行く気?」の部分なので、全て覚えるのが大変な場合はこの部分だけを覚えて、後は感覚的に申請に必要かどうかで判断する形でも対応できると思われます。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.開発許可申請書類の主な記載事項は? 〇の中を埋めましょう。

①開発区域の〇〇、区域と〇〇
②予定建築物等の〇〇
③〇計
④工事〇〇者
⑤工事〇〇予定年月日、〇〇予定年月日、〇〇計画等


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!