マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

市街化区域と市街化調整区域の違いの覚え方。 『死骸住める、課長よくせい!!』で覚えよう!

『市街化区域と市街化調整区域の違いの覚え方』1ページ目

『市街化区域と市街化調整区域の違いの覚え方』2ページ目

『市街化区域と市街化調整区域の違いの覚え方』3ページ目

市街化区域と市街化調整区域の違い

 市街化区域と市街化調整区域の違いは、以下のとおりとなります。

市街化区域 市街化を進める地域
市街化調整区域 市街化を抑制する地域

 

 市街化区域は、これから市街化を進める地域だけではなく既に市街地となっている区域も含んでいます。将来的に市街化を進める場合の時期については、おおむね10年以内とされています。

 市街化調整区域は、「調整をする区域」ということで市街化は抑制されることになります。この市街化調整区域では、新たな建築は規制されることになります。

 

市街化区域と市街化調整区域の違いの覚え方

死骸(市街化区域)住める(進める)、課長(市街化調整区域)よくせい(抑制する)!!』

 

 以上で、市街化区域と市街化調整区域の違いを覚えてしまいましょう。それぞれの単語自体から意味と、その違いも把握しやすいと思いますが語呂を使って確実な知識にしてみてください。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.市街化区域と市街化調整区域の違いで正しいのはどれ?

①市街化区域は既に市街地を形成しているか、今後市街化を進める区域となる。
②市街化調整区域は市街地を未だ形成していないが、今後緩やかに市街化を進める区域となる。
③市街化調整区域は市街地を形成しているか、今後市街化を進める区域となる。


↓正解

 

 

正解:①


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!