マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

自ら売主時の損害賠償額の予定制限の覚え方。 『予定は10分に、声は向こう。』で覚えよう!

『自ら売主時の損害賠償額の予定制限の覚え方』1ページ目

『自ら売主時の損害賠償額の予定制限の覚え方』2ページ目

『自ら売主時の損害賠償額の予定制限の覚え方』3ページ目

自ら売主時の損害賠償額の予定制限

 宅建業者が自ら売主となるときは、損害賠償額を予定する場合について以下の制限が定められています。

・合算した額が代金額の10分の2を超えてはならない(代金額には消費税分も含む)
・契約をしても10分の2を超える部分は無効になる

 

 損害賠償額の予定には、「違約金」も含むものとなります。つまり、契約書に損害賠償額と違約金について別々に記載されていたとしても合算されて計算されることになります。

 そして、10分の2を超える部分は無効になりますが、超えていない部分は有効なままとなることに注意する必要があります。例えば代金額の10分の5という法外な損害賠償額の予定をしていたとしても、全てが無効にはならず10分の2を超える部分だけが無効になるということです。

 

自ら売主時の損害賠償額の予定制限の覚え方

予定(損害賠償額の予定)は10分に(10分の2)、(超えた部分)は向こう(無効)。』

 

 以上で、自ら売主時の損害賠償額の予定制限を覚えてしまいましょう。数字自体は比較的覚えやすいと思いますが、「10分の2を超えた部分だけが無効」という部分は「全てが無効」などとひっかけ問題として出やすいところになるので、意識して覚えるようにする必要があります。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q.自ら売主時の損害賠償額の予定をする場合の制限は? 〇の中を埋めましょう。

・合算した額が代金額の〇分の〇を超えてはならない。この制限を超えて契約をした部分は〇〇になる。


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!