マンガと語呂で宅建士試験がわかーる。

目指せ独学で合格!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすく解説します。

独学合格を目指せ!! 宅建士試験の知識をマンガと語呂で分かりやすくお届けします!

弁済業務保証金の取戻しが出来る場合と、公告の要否の覚え方。 『勉さん車庫、一時に交付。』で覚えよう!

『弁済業務保証金の取戻しが出来る場合と、公告の要否の覚え方』1ページ目

『弁済業務保証金の取戻しが出来る場合と、公告の要否の覚え方』2ページ目

『弁済業務保証金の取戻しが出来る場合と、公告の要否の覚え方』3ページ目

弁済業務保証金の取戻しが出来る場合と、公告の要否

 

 弁済業務保証金の取戻しが出来る場合は、以下のとおりです。

①社員でなくなった場合…公告が必要(6ヶ月以上の期間を定めて保証協会が行う)
②一部の事務所の廃止…公告は不要

 

 納付した弁済業務保証金の取戻しが出来る場合は、営業保証金の取戻しが出来る場合と比較すると少なくなります。営業保証金の取戻しでは免許失効なども含まれていますが、免許が失効すれば宅建業者ではなくなるので、当然に保証協会の社員でもなくなる訳です。そのため、弁済業務保証金の取戻しでは免許失効などの項目は存在しません。

  

弁済業務保証金の取戻しが出来る場合と、公告の要否の覚え方

勉さん(弁済業務保証金の取戻し)車庫(社員でなくなった・公告必要)、一時(一部事務所の廃止)に交付(公告不要)。』

 

 以上で、弁済業務保証金の取戻しが出来る場合と、公告の要否を覚えてしまいましょう。注意しないといけない点としては、営業保証金では公告が必要とされている「一部事務所の廃止」が弁済業務保証金の取戻しでは公告が不要とされているところです。同じ取戻し事由なのに、片方では公告が必要で、片方が公告不要となりますので、どちらがどちらなのか間違えないように意識して覚えるようにしてください。

 

この下の確認問題にもチャレンジしよう
   ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

確認問題

Q. 弁済業務保証金の取戻しが出来る場合と、公告の要否は? 〇の中を埋めましょう。

①〇〇でなくなった場合…公告は〇〇
②〇〇の事務所の廃止…公告は〇〇


Androidアプリで更に使いやすく語呂をお届け!!

宅建語呂アプリアイコン
➡アプリはこちから(月300円・3日間は無料で利用できます。)

ブログ版よりもグッと使いやすいアプリ版。

◎「覚えた」「多分覚えた」などで進捗状況の管理が可能!
◎学習がどの程度進んだのか%で表示!
◎小さな文字もピンチアウトで拡大して表示可能!
◎広告表示無しで利用可能!